FC2ブログ

レトロペディア Retropedia

少し長いテキストになる事と、スマホから思い付いたことを書き足したりしてるので
書いてることが重複したりしてるかもしれませんがよろろです(*^-^*)



今まで数多くの怪しいゲーム機が発売されてきました。


ふた昔し近く前ではWinny(ウイニー)の時点でROMデータは大量に出回っていましたが、そのまま遊べるような物はなくPCでのエミュレーターのみでした。

まあだいたい誰がデータを流したのか?ですよ
まあ1人ではないですし、個人だけでなく組織ぐるみでもあったはず。

その流れたデータが今現在のパンドラやin1やこのレトロペディアみたいなゲーム機に使われる。

共有ソフトとしては、Winny、Share、Perfect Dark、BitTorrentなどが有名なところでしたね
特に「シャレ」はなかりの人気でした。

BitTorrentが速度も速くて、一時期NASにも採用されていました。




近年では「iN1基盤」が出てきて、さらにゲームコントロールボックスが出てきました
自分もゲーム好きなのでこういったものの情報は自然と入ってきます。

ネット社会になってからは情報が早いし、通販も当たり前の時代で個人情報もすぐに抜かれてしまいます。


まあそんな話はともかくとして、普通に売ってるものがこのゲーム機?です。
↓コレがパッケージです
2019-07-18-001A.jpg




コントローラーはスーパーファミコン風。
2019-07-18-001E.jpg
2019-07-18-001D.jpg
ただし、品質はかなりさがるのでロットにより違いがかなりあるのかもしれない。



2019-07-18-001C.jpg
2019-07-18-001B.jpg
2019-07-18-001F.jpg

前にも書きましたがパンドラボックスも同じで、本体だけでエミュレーターが動作する機械(コンピューター)という事です。




アーケードはiN1基盤が一番だと思いますが、MAMEと言えば「エミュ」では有名ですかね。



このレトロペディアに入ってるゲーム機は、
ファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン、MSX2、MSX、マスターシステム他ちょろり
詳しくは検索で(*^-^*)


↓このあたりのブログとか
玄海ブログ レトロペディア



このようなものは先にも書いた「パンドラボックス」が有ります。

今はラズベリーパイをベースとしたものが最新のものかな。



このレトロぺディアは一部の人には人気ですが、エミュが少ないのでオススメではないです。

それとコントローラーのコンフィグがそのままでは出来ないのでアーケードでは困るかと思います(この辺りはレトロパイが断然いい)
更にはキーボードが対応でないとMSXでは厳しいかもしれない。

なのでキーボードを接続してカスタマイズするといいのかもしれませんね
でもそれだとレトロパイと何も変わらないですけど(笑)


まあここもリナックス系エミュだけど、「Retropedia」自体が動作しそうなものを詰めているのかもしれない
どこまで確認してるのかは分かりませんが、動かないものがあるとか重複が多いよりはいいよね。

でも微妙にゲームの数が少ないと思うなあ

自分が見た感じですけど・・・・・。


価格が1万円以内で手に入るならいいかもしれませんが、転売屋から1.5万円とか2万円とか出して買うのはやめた方がいいです
対応ゲーム機が少ないから。

それなら同じ価格で他にもっとエミュの多い本体が買えます。

要はラズベリーパイのパンドラがあるのでそれがいいですねd(^_^o)
そちらの方が全然魅力的だと自分は思います。

結局はどれも同じようなもので、コピーされたくないのがミエミエの物も多いので笑えますよ
そもそもROMデータやエミュ本体自体がネットで拾ってきたものなんだからさ。

中にはSDカードが取れないように加工して販売したりしてる物もあるようです

まあコントロールボックスに内蔵されてるものは少し価格は高めですけどね。



思ったのがこのレトロペディアはエミュが少ないけど、きちんと動作するものだけを選んでるのかなあと思う
なので他のラズパイの機械よりも多少安心して起動出来るかな。


少しまえになりますが、in1の後かな?流行っててきたのが「Attract-Mode」ってのがあります
これはパソコン上で動くエミュですね
個人的にはAttract-Modeとして売っているのを買う必要は無いかと(笑)。

まあリナックスでラズベリーパイにインストもできますけどね。

もちろんラズベリーパイにレトロパイをインストール出来ます
ただし、エミュは正規に販売されたものでは無いですから不具合が多発します
なのでそれを理解した上で扱う必要があります。

まあエミュ用のROMがとことんグレーな物ですからね(笑)
でも不具合の少ないエミュはやはりパソコンかなあと思う。

ちなみにアーケードのエミュのMAMEは古いし動作がとにかく悪いし分かりにくいので嫌いです。




↓これ重要です( ^ω^ )↓

「正直な話しをしますと、エミュはまあ最初だけは興味で遊ぶけどすぐに飽きて遊ばなくなる人がほとんどだと思うなあ

ゲーム好きなら古いゲームも気にはなる事があると思う。

でも価格が1万円以下だと興味だけでも買える価格だから流れで買う事もあるだろうけどね。


結局はやっぱりパソコンでエミュる方が私は好きだな
キーボードやコントローラーも柔軟に対応出来そうだしさd(^_^o)

例えばCD-ROMのゲームならそのままパソコンのドライブにほりこんで、エミュで遊べるので楽ですよ

PC-9801のフロッピーのゲームを買ったら、そのままパソコンのフロッピーでも読み込めますからね(3モード対応は必須)。



こないだは「OUYA」でエミュの事を少し書いたけど、レトロぺディアはあれの今の時代版的な機械だわ(笑)。

OUYAの前は多分だけど、in1のカセットが流れだったんじゃないかなあ。


レトロペディアとは関係ないけれど
コントローラーに関しては、アーケードならメガドライブやサターンタイプの物がオススメかな。

アーケードは6ボタン有れば事足りると思います。

自分も買おう買おうと思ってるけど、価格的になかなか買えない感じです。


さらに言うとアーケードが目的ならコントロールボックスのパンドラボックスもいいかなd(^_^o)
アーケードの基盤が動かせる(JAMMA仕様)パンドラボックスはもう手に入れるのは難しくなりましたが(もしかすると中華サイトからならまだ買えるかも)
昔のアーケードタイプのコントローラーを改造して、jammaハーネスが使えるようになればゲーム好き認定だよ
d(^_^o)

まあ私もアーケードゲーム基盤は少ししか持っていないから詳しくは知らないけどね(笑)


ちなみにだけど、以前ハイパーオリンピックの基盤を集めていたので、多分だけど手持ちの数は3枚はある
それだけ好きなアーケード版のハイパーオリンピックだよ
d(^_^o)

JAMMAハーネスが使えるから互換性が完璧とは言えないのでそこは注意かも
基盤でも動く動かないは当然特殊基盤もあるし、システム違いもあるので相当な知識は必要かもしれないです。



昔に日本橋の路上で販売していた人から買ったエミュとか、ヤフオクのまだ無料時代にエミュ詰め込みCDを買いました。

それはかなり凄くて大切に保管していたてもりが、CDの板に何も書いていなかったので何処へ行ったか分からなくなったよ

それはマジ残念だわ。




話しがまたそれそれだな(笑)


まあ何だかんだ書きましたが私もエミュは詳しい訳ではないので、ググるか何かで時間をかけて調べる事も大事かなと。


続きはラズベリーパイ

Raspberry Pi2019-07-18-001

ラズベリーパイを知らない人も多いかと思うので、少しだけ何なの?って事で書いちゃいます。


Raspberry Piはシングルボードコンピュータと言われているのもです。

プロセッサーはARM系で超小型のパソコンで
最新のモデルは「Raspberry Pi 4 Model B」です

基本的にはリナックスで動作します
なのでサーバーにも使えたりします。

Raspberry Pi 3 Model b+でケースやSDカードなどセットで買うと
価格はだいたい1万円までですかね(*^-^*)

もしかするとキーボードやマウス、SDカードとかフルセットでも1万円までで買えるのかもしれません
ストレージはマイクロSDカードがメインです
てか必須です。

Raspberry Piを用意して
RetroPie(レトロパイ)をインストールすればエミュレーターゲーム機となります。

RetroPie(レトロパイ)は簡単にOSですね。

リナックスなのでそれなりの知識は必要ですので、これを機会に勉強してみるといいかもですよ。

でもレトロゲームはさっきも書いてますが、最初は興味で遊んだりしますがすぐに飽きてしまう
なので本当に自分に必要かどうかを見極める事をして遊びましょう(笑)




なんやかんやで長い記事になりましたが、後日に今度はパンドラボックスの事をまた書きたいと思います。

以前にパンドラボックスの事も書いてるけれど、写真を載せた程度でしたので次はもう少し深く紹介してみたいですね。

いつになるかははっきりと言えませんけど、PC-9801系も整理していかないといけないですし…

やり出したら早いかもしれません。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック