中国企業が新ハード「Tomahawk F1」を発表―PS4/Xbox Oneに迫るデザイン性

中国企業が新ハード「Tomahawk F1」を発表―PS4/Xbox Oneに迫るデザイン性

新型コンソール「Tomahawk F1」を発表しました。
899人民元(約15,000円)の通常版と1,499人民元(約25,000円)のエリート版が用意され、2016年夏に販売予定の「Tomahawk F1」は、本体がPS4、コントローラーがXbox Oneコントローラーのデザインに酷似している、Androidがベースのゲームコンソールとなっています。
同コンソールのライバルは、SIE/Microsoft/Nintendoとなっているようで、プレスイベント内でも言及したそうです

■基本スペック
解像度:1080p
CPU:NVIDIA Tegra K1 (TD575D) Cortex-A15 Quad-core 2.2GHz
GPU: NVIDIA Kepller 192 CUDA core
メモリ:4GB DDR3
フラッシュ:eMMc 32GB
HDD:500GB(エリート版のみ)
インターフェース:HDMI 1.4b(1)、SATA 3.0(1)、USB 3.0(1)


これみて思ったのがNVIDIAの「SHIELD」
ゲームコンソール端末で同社のモバイルSoC(System on a Chip)「Tegra X1」搭載のOSは「Android TV」
もう忘れてましたよエヌビディアのAndroidベースのTV接続ボックス

日本でも期待していた「NVIDIA GRID」の本格サービスはどうなった?
SHIELDコンソールも日本はもう発売しないのかも
スマホ事業から撤退とは関係ないだろうけどね


コメント

非公開コメント
カウンター
検索フォーム
プロフィール

じゅりち

Author:じゅりち
このブログは単なる趣味の領域です
間違っている事も多いかもしれませんが・・。

ドラゴンズドグマオンライン
おすすめのブログ
リンク

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント
買ってみたよ
ELECOM 2.0TB HDD
・SGD-JNY020UBK NEW_01.gif
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ