OnlinePlus(もしもまだ・・・)

カウンター
検索フォーム
プロフィール

じゅりち

Author:じゅりち
このブログは単なる趣味の領域です
間違っている事も多いかもしれませんが・・。

ドラゴンズドグマオンライン
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
最新トラックバック

もう3月なんですよねー
春がそこまで来ているのが悲しい気持ち。

今日は吐き気が酷くてこれ書いてる時は腹痛が酷くて苦しい
スマホで書いてるんだけど手が震えます
今日は朝からしんどい感じで嫌な日だった

熱はやっと36度台に下がりました
病院で採血したほうがいいかもしれないね

そうそう採血でふっと思い出したんで書きます

血は皆さんもたまーに見るとは思います
例えばさかむけとかあかぎれとか、唇が乾燥して切れて血がでたとか

血は触るだけでも良くないことがあるので注意は必要
自分の血は大丈夫だけどね

今後もしかしたらケガ人の手助けをする事があるかもしれないのである程度の知識を

なぜ血を触るとか付着すると危険か?
それは触った人の血が肝炎、HIVとかだと非常に危険だからです
最低限手袋は必要ですから普通は持ち合わせてはいない

皮膚からの感染はかなり低い確率でも感染はする時はします
例えば皮膚に少しついただけとしましょう
しかし反対の手にわずかな擦り傷があったとすると感染率はぐっと上がります
もしその傷にその血がつけば限りなく感染する確率に近づきます

人助けだとしても感染して人生を台無しにはできないですから
知識としては持っておきたいです
こういった事には批判もよくあるんでしょうが血液は非常に怖い

病気の人の血も全て危険ではなく私の治らない病気は血液で感染したりはありません
ウイルスではないからってのあるけどね
遺伝も怖い事もあるけどね

私は入院とかかなりしてるし看護師さんとの会話も多くして来ました
もちろんドクターとも
なので詳しく教えてくれたりもするので変な知識が入ってきます
変といっても良い知識だけどその知識は仕事にしないと意味がない感じかな

ウイルスでも思い出したんだけど
最近は抗生物質が効かない薬剤多剤耐性菌が問題になってきてて
抗生物質が全く効かない菌が出てきています
なのでできるだけ抗生物質は使わないようにしたいものです

昔は風邪で抗生物質とか頻繁に出すというか出して欲しいという人も多かったようです
日本は薬に関してはかなり遅れている方な国なので今後は国がもっと動かないといけない時期ですね
国民健康保険制度は素晴らしいもので日本が世界に誇ってもいい部分ですけど。


最後に潔癖症の人がいますよね
私も小さい時は潔癖症でかなりのものでした
例えば塗り薬とか使うと手につくじゃないですか、それが嫌で即手を洗わないと気が済まないとか

お金を触った手でお菓子を食べれないとか色々ありました

過度な潔癖症は良くないですね
なのでお子さんとかが過度な潔癖症だとある程度治してあげたほうが良いかも
感染症だと後々身体が弱くなったりも考えられるし抵抗力はある程度ないといけません
潔癖症だから重い病気になるわけじゃないけどね。

あー、あと一つ
子供にはヤクルトは飲ませましょうね
ヨーグルトではダメです。

関連記事 [病気、闘病]
病気、闘病 | コメント(0) | 20170228231446 | 編集

もうすぐ3月ですね
今日は難しい話なのでちょっと自己中とか言われそうですが書きます
かなり長くなるし同じような事を繰り返し書いてしまってるかもしれません。


個人的な話をしますが、時々嫌になってしまい逃げ出したくなります

病気になってからかなりの年月が経って病気と向い合う事は出来ていました
病気がわかった時は信じたくなくてどうしようもなかったです
でも、入院と退院を繰り返すうちに「ああ、やっぱりそうなんだなあ」と納得するしかなくなりました

痛みと不安が常にあるのでこの先の苦痛が怖くなってしまう時がある
独身なので大変じゃないじゃんと思われるかもしれないけれど病気は治らない
逆に寂しさのあまり現実逃避したくなるんです

最近よくあるのが違う世界に行けたらいいのになあと考える事が多いかな
夢もよく見てしまうんですが、例えばゲームの世界とか自分の作る世界に行けたらなあって感じかな
ドグマで遊んでるからたまにドグマの世界に行きたいと思う事もあるね
特に自分が死を感じるのか歳をとらない世界とかも行きたいと思いますね

心霊とか信じない人なので死後の世界は全く気にしない
でも死ぬって事には恐怖が必ずあるんだよねえ
苦しみから解放されたいと思うとそればかり気にしてよくないんだけど
辛すぎる時はかなり思ってしまいます。


現実逃避って今までその言葉すら使わなかったけど
「ああ、これが現実逃避かあ」って感じ
よく映画やストーリーでもあるけど、自分が不治の病だとそれを治せる方法をなんとか出来ないかとか探すようなにありますよね

バイオハザードのリベ2でもあったけど、アレックスが生き長らえる為に人の脳を操作してとかも悪い事だけどなんとかしたいっていう
銀河鉄道999のような機械の身体になるのも怖い事だけどね
でも今はそういった気持ちもわかるんですよ
リベ2のアレックスも病気であるが故の事
でも永遠の命っていうのはできないです

人間は限られた命だからこそいろんな事が渦巻きます
今の私は永遠の命というか病気になっていない自分になりたいとも思います

もちろん健康に気をつけていても難治性の病に突如なってしまう人もいます
私は健康に気をつけていたとかではなくって
タバコも吸っていましたし、健康にはあまり気をつけていたわけではありませんでした
子供の頃から身体が弱く将来何か大きな病気になるかもしれないとは考えていましたけど
それが現実になってしまいました・・・悲しい

ちなみにタバコの吸い始めはありがちかもしれないけれど失恋からです(恥ずかしい)。


私の病気は症状が個人差ももちろんあるんですが
現在の医学では治らないって事は同じです
それといろんな薬も使う為に、その影響でまた違う病気を発病してしまう事もあります
薬を使わなくても合併症により違う病気になる事もあります

今、1番の症状としては痛みが酷いんだけど
痛み止めすらずっと飲んでいますからねえ
よくないとは言っても飲まないと苦しみもがいて耐えれません

痛み止めも万能ではないのでその時によって頭痛に効かないとか朝は効いていたのに今はなかなか効かないとかもあります
まあ薬で嫌なのは副作用もそうだけど耐性ができてしまう事があります

身体にウイルスの耐性が出来たとはまた違うので危険な場合もあります
最近はお薬手帳で今までどのような薬を飲んできてるかある程度は把握できます

こういった事はかなり良いことです
中には病院の端末に自分の履歴が残ってるから同じ病院だとお薬手帳は要らないと思う人もいますが
病院の端末に残るデータは永久ではありません
長くて数年の分しか残らないので

同じ病院で最後に来院してから一年以上経っていると新患扱いになるのかな
まあ自己管理してないと後々困る場合もありますね
今後はもっとデジタル化していくだろうし、もっと便利でわかりやすいお薬手帳ができそうです。


話し戻しまして

現実逃避、
夢も希望とかこれからの事の不安からそういった感じの夢も見ます
現状の病状の悪さが怖くなるんですが、やはり病気自体がない体でありたいと思ってしまう
夢も見たい夢が毎回みれれば現実逃避ができます
でも夢はなかなか操作して見たい夢は見れないですね

寝る前の準備が大切だろうと思います
見たい夢の大まかなあらすじと言うかその作った世界に自分がどのような立場なのかとかそういったのを考えながらです
夢の中で自分が思う世界であれば嬉しい時間です
でも夢って何故か短いのと、何故か断片的に切り替わるようなのがほとんど
ずっと同じストーリーみたいにはいかない

もしずっと同じで断片的ではない夢なら目が覚めた時にかなり違うかもしれませんね。


そうそう、もしあの時に違う判断をしていたら今とは違う人生を送ってたんだろうか?
っと思う時があると思いますが、過去のその時に2つの選択肢があるとします
それで違う方を選んでいたら今は違っていたと考えますよね
でも私の考えはあの時2つの選択肢があっても必ず選ぶ方は決まっていたという事
簡単に言えば人生は決まった線路の上を走ってる感じ

それだと自分の病気も決まっていたという事になりますがそう考えてます

シナリオは生まれてから死ぬまで決まってるという
この考えも病気になったから出てきたのかもしれません
諦めたくないけれど諦めないといけないのは非常に辛いけど…。


あれこれ考えてもどうにもならない
でも考える事で少し気を紛らわせてる
些細な事でも大きい事なのかもしれません。


最後に
今は治らない病気でも今後医学が更に進みもしかすると治る時が来るかもしれない

考えは人それぞれ違います

時間は戻せないけどこれから来る時間をどう生きるかは健康な人も病気で苦しい人も考えないといけません

人生は一度きりでやり直しはありません
充実した時間でありますように願います。









関連記事 [病気、闘病]
病気、闘病 | コメント(0) | 20170226233241 | 編集

普通健康な人は結核ときいてもへ~って感じで終わると思います


ツベルクリン反応の検査も受けない人がほとんですから

知らない間に感染してる場合もあり発病すると恐ろしい

感染者がまず排菌状態だと確実に入院で3ヶ月はかかる

治療は退院後も続き6ヶ月以上かかります

この治療が重要で医師の支持と通りに薬を使わないと死ぬどころか他の人に感染させ結核菌が耐性を持つとになると酷いことになります


健康診断は一部の会社で決められてますが簡単なものです

実際はそれで病気を発見するのではなく体の状態を多少調べるといった感じです

まあ病状が出ない限り病院等へ行くこともないでしょうからね


結核、怖いのは感染すること

基本癌は感染しませんが(感染ということは無いですが物理的に癒着する場合はあります)感染する病気は注意が必要ですね

癌も免疫やDNAと関係が深いので血縁関係者の状態を聞かれる場合が多いです(基本)


結核にも腸結核というのもあります

とにかく結核は人に感染させるのでHIV、C型肝炎、なども同じで怖いです


いざ病気になって入院しての治療は初めての人はかなり嫌だと思います

あたりまえなんですけど^^

それが長期間になったり手術になったりと色々です


感染しても完治できる病気なら良いのですが完治出来ない病気も多いです

健康に気を使っていても病気は避けられないことがあるので予防はなかなか難しいです

関連記事 [病気、闘病]
病気、闘病 | コメント(0) | 20140209085019 | 編集

TNF阻害薬 ヒュミラの話しをしましょう
hyumira-001.jpg

このお薬は「レミケード」と違って完全ヒト型抗体(マウスなどの異種タンパクを含まない)中和抗体(ヒュミラに対する抗体)ができにくいとされてます

ただ、長期間使用の症例もデータが多くなく不明な所も多いのも事実です

レミケードは効果が直ぐに現れます、これは静脈点滴だからですがヒュミラは皮下注射なので効果はゆっくりかな
しかも目に見えて効果が無いのも事実です(私の場合)

レミケードをずっと使っていたんですが抗体ができてしいまい点滴するとアナフィラキシーの症状が出て、ショック状態になるかもしれないので怖くて使えなくなりました

ヒュミラは注射で40mgありましてかなり痛いです
かなりというかめっちゃ痛いです

最初このお薬の話を主治医の先生から聞いた時は私が思ったのはたぶん効果がないのではないか?
それとレミケードみたいに拒絶反応をおこすのではないか?
と思い怖いなと思いました
先生もそれは理解してくれていてでも今のままでは何も変わらないと私も判断したから使う事に決めました

決めたのがちょっと遅かったのも私は後悔していますが・・・

初めての日、病院では待合でなんかドキドキしてました
しかも製薬会社の方が着ておられていて私の為にだと直ぐわかりました
何故なら、その病院で初めて私が使うのとその方々は製薬会社の紙袋ももっていたからです

このドキドキするのって憂鬱でもあるし怖いってのが殆どかも

事前に血液検査で結核や他もろもろ調べて結果も当日聞く事になっていたのもドキドキでした

それで私が診察室へ・・・
先生と挨拶を交わします、そしたら看護師さんと先ほどの製薬会社の方々が入ってこられてなんか緊張感がハンパなく襲ってきましたね

先生からまず血液検査の結果からはなしを聞きました
結果は大丈夫で結核もかかっていないし他も問題ないとの事

それで製薬会社の方々と先生、私で色々話をしていざ注射です
4本なので1本くらい自分でする?と先生から言われました・・たぶん
とりあえず先生に2本うってもらう事に

ドキドキ・・二の腕に決めました・・
ハイ、刺さって激痛・・・超痛い・・注入してるときの激痛は酷すぎます

今まで色んな注射を経験しましたがIVHも痛い
さらに経験したのが肺に注射器が刺さり肺がしぼんだ時に、わき腹のあばら骨のあいだからカテーテルの注射をした時です、これもうがまんできん痛さで泣きました
もちろん大きい注射なので皮下麻酔の注射はするのですがあくまで皮膚の下3mmくらいでしょう効くの
この時も死にかけましたけど

話しがそれました

この2本が終わって感想を聞かれて「めっちゃ痛いです・・怖い」と言った覚えが
自分でしてみる?と言われましたが、状況はこの沢山の人に見られているしこの痛さ・・今回は諦めて看護師さんに残りの2本はうってもらう事にしました

看護師さんもこの注射は初めてです
先生よりは痛さは少しましだったかな
たぶん製薬会社の人がゆっくり時間をかけて注射すると良いと言っていましたから看護師さんは少しだけ先生の時より遅く
それでもわずか数秒でうったから激痛に変わりはありませんが

終わって製薬会社の人に説明書やなんかバインダーのような物を頂きましてその日は終了
しばらく休んで帰ることになりました

う~んこんなの自分で無理だよ~とかそん時は思ってました

次の2週間後は2本で1本は看護師さんに
1本は自分でお腹へ注射しました
初体験でまず、注射で針を刺す事自体が恐怖で心臓バクバクです
看護師さんの補助を受けながら針を刺しました、痛い・・悲しいけどホンマ痛い

補助具ってのがあってヒュープラス
これがあると一定の深さに針が刺さる仕組みで安全にうてるという事
挿した後、あまりの痛さに注射器のお尻をなかなか押せなかったけど看護師さんに励まされ少しずつ入れて行き少し最初もれましたが角度を変えて大丈夫

かなり時間をかけて終了、針を抜く時も皮膚を引っ張るのですばやく抜かないと痛いです

今は自分でなんとか討ってますが効果は無いですね
最初はアレルギー反応みたいなのが出てましたが最近はそれ程強くでなくなりました

これは私の思った注射の仕方なので参考程度でお願いします

一番うちやすい場所は太ももです
お腹も打ちやすいけれど痛みが太ももより大きいから・・・

打つ場所を決めたらその周辺の脂肪?は大きめにつまんで山にします
そしてそこに挿します(注射のエア抜きはしない方がいいでしょう、すると針先から液がでるのでそれが挿すときに痛みが増加するからです、エアは最後に目で見える範囲で残して終了)

挿したらゆっくり注入で痛みがズキュンときたら注入ストップ
深呼吸してまたゆっくり注入の繰り返しで10分くらいかけて討ち終わります

まあなんどしてもなれることはありませんが我慢して今は使ってます

効果は人それぞれで私みたいに効果が出ていないのに討つのもどうかと考えたりもするけど今は拒絶反応がないから使っています

続きを読む
関連記事 [病気、闘病]
病気、闘病 | コメント(0) | 20120521235403 | 編集

インフルエンザは良く聞きますね

症状は風邪の症状とほぼ同じで発症後48時間が重要だと言われています
インフルエンザは予防接種を受けても受けなくてもあまり換わらないのも事実で予防接種を受けたから大丈夫とはいえません
今はタミフル、シンメトレルがあります
A型、B型はタミフル、A型はシンメトレル、ただこれも型が判定できればの話で他のインフルエンザには効果なし
この薬を飲んだから大丈夫とは言い切れませんので医師の指示をきちんと守る事が大切です

あと、インフルエンザはほおっておいても自然に治るばあいもありますね
これが一番いい形なんですけど

インフルエンザの人に近づかない事も大切な予防ですからそこはモラルの問題も
インフルエンザにかかった人でも薬を飲むと症状が急に改善される場合がほとんどなので治ったと勘違いして外に出る、会社に出勤や登校、遊びに行くなどはダメです
最低でも一週間は自宅にいるか入院しましょうね
他の人に感染させることになりますからそこはちゃんとしましょう

関連記事 [病気、闘病]
病気、闘病 | コメント(0) | 20120307223245 | 編集
  まとめ  © 2017 OnlinePlus(もしもまだ・・・)  Designed by 意地天